自律神経失調症の治療(交流分析・人間関係)

自律神経失調症

自律神経失調症・交流分析について

私たちの心の中には、「親・大人・子ども」の3つの自我が見え隠れしています。これらの強弱から性格のひずみを知り、人間関係を改善しようするのが交流分析です。自律神経失調症・交流分析について紹介していきます。

交流分析について

円満な人間関係交流分析とは、患者の心の状態と行動パターンを分析することによって、自分のありのままの姿を知り、そのひずみを修正しながら、円満な人間関係を築くようにする心理療法です。過去と他人は変えられませんが、現在の自分は変えることができる、という考えをもとに、アメリカの精神科医エリック・バーン氏が1957年に開発した治療法です。自律神経失調症は、家庭や職場、学校などにおける人間関係のトラブルや、性格のひずみが原因になって引き起こされていることが多くあります。そのようなケースでは、この交流分析が効果的です。

交流分析の基本(3つの自我と5つの要素)

交流分析の基本は、だれの心にもいる「親(P)」「大人(A)」「子供(C)」という3つの自我が、どのような力関係になっているかでその人自身の自我が決まり、行動パターンを左右する、というものです。また、さらに詳しく分析するために、親と子どもを2つに分けて、全部で5つの要素のどれが強いか、あるいは弱いかを分析して、性格のひずみや対人関係のまずさを調べるのです。

3つの自我と5つの要素について

Adult(大人)Aが強い人は、合理的ですが、人間味に欠けることがあります。
Parent(親)
CP(父親的自我)…CPの強い人は、責任感が強ですが、他人に支配的になりがちです。
NP(母親的自我)…1NPの強い人は、世話好きですが、過保護になりがちです。
Child(子供)
FC(自由な子供)…FCが強い人は、のびのびしていますが、わがままな面があります。
AC(順応した子供)…ACが強い人は、協調性がありますが、依存的でもあります。

人間関係を改善する4つの分析方法

交流分析では、最初にエゴグラムと呼ばれる質問形式のテストを使い、その人の自我の特徴を調べます。そして、エゴグラムが示す結果をもとに、自分を知り、問題点を改善するために自分を変えて、人間関係を円満にする方法を身につけるための分析を行います。主な分析には、構造分析交流パターン分析ゲーム分析脚本分析があります。

構造分析

エゴグラムの質問事項に答えて、自分の自我を分析します。5つの要素の点数を折れ線グラフにして、どの自我が強いかで、ありのままの自分を知ります。自律神経失調症になりやすいのは、NPが高くFCが低い献身タイプや、Aが低い葛藤タイプ、ACが低い頑固タイプに多いです。

交流パターン分析

P、A、Cの、どの自我を使ってコミュニケーションをしているかを調べます。その結果から、自分の欠点や人間関係の問題点を自覚して、よりよい対処のしかたを考えます。

ゲーム分析

対人関係でのトラブルの原因を探り、誠実な交流を目指すものです。ゲームとは、同じバターンを繰り返し、相手ばかりか自分をも不快にさせる行動のことです。よい結果をもたらさないことがわかっていても、つい心にもない空々しい言動をとってしまうなど、人間関係をこじらせる問題点の改善が日的です。

脚本分析

自分の人生の脚本に不具合があれば、好ましく健全なものに書き改めます。脚本は、すでに子どものころにつくられていて、親からいわれたことに従うよう、自覚がないままインプットされていることが多いです。そんなマイナス的な脚本に気づいて修正する、という狙いがあります。
※エゴグラムはインターネットのサイトで紹介されいるので、興味のある人は自分のエゴグラムを調べてみると良いでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識