自律神経失調症の治療(抗不安薬・精神安定剤)

自律神経失調症

自律神経失調症・抗不安薬・精神安定剤

抗不安薬は不安や緊張をやわらげる薬で、精神安定剤といったほうがわかりやすいでしょう。自律神経失調症の治療薬としては、よく使われる薬です。自律神経失調症・抗不安薬・精神安定剤について紹介していきます。

不安をやわらげて精神を安定させる

抗不安薬・精神安定剤抗不安薬は、大脳辺縁系の一部に作用して、不安をやわらげて筋肉の緊張をほぐすなど、心身の不快な症状を軽減する薬です。一般的には、精神安定剤あるいはマイナートランキライザー(弱力精神安定剤)と呼ばれています。精神安定剤によくないイメージを持っている人は少なくないようですが、自律神経失調症の治療ではもっともよく使用されます。特に、理由もなく不安にかられたり、気持ちが不安定でイライラしたりする、ストレスが原因の自律神経失調症に効果的です。抗不安薬は種類が多く、効き目が弱いもの、中程度のもの、強いものに大きく分けられます。自律神経失調症の場合は、主に弱いものが処方されます。強力タイプに比べて意識や行動に強く作用することもなく、頭痛やめまいなどの身体症状を軽くして、不眠にも効果があります。

長期間の服用は注意が必要

抗不安薬には、眠気やふらつき、からだのだるさといった副作用が出ることがあります。最初はその副作用が気になりますが、やがて薬の効き目があらわれて、イライラや不安感が少なくなり、本来の症状が軽減してきます。それまでは、服用を続けるようにしましょう。仕事に支障が出る等という場合は、医師に相談するようにしましょう。また、ほかに薬を飲んでいる、あるいは、服用中に別の病気で薬を処方してもらう場合は、事前の報告が必要です。薬や病状によっては、抗不安薬を中止しなければいけない場合があるので、注意が必要です。また、抗不安薬は長期間飲み続けると、薬物依存を起こす可能性があります。楽になるからと、薬にばかり頼ることはひかえましょう。

抗不安薬の副作用

●おもな副作用…眠くなる、からだがだるくなる、倦怠感や脱力感を感じる、などで、緊張がほぐれたことで起こります。
●その他…めまい、ふらつき、頭痛、かすみ目、耳鳴り、口の乾き、手指の震え、吐き気、胃腸障害、発疹や発熱などのアレルギー症状などがあります。

抗不安薬の服用に注意が必要な人

●ぜんそくなど、呼吸器系の疾患がある人
●心臓が悪い人
●肝臓が悪い人
●腎臓が悪い人
●妊娠中の女性など

主な抗不安薬

作用強度が弱い薬

作用強度が弱い抗不安薬

リーゼ
(一般名)クロチアゼパム(作用時間)短期
セレナール
(一般名)オキサゾラム(作用時間)長期
ハイロング
(一般名)オキサゼパム(作用時間)中期

作用強度が中程度の薬

作用強度が中程度の抗不安薬

セダプラン
(一般名)プラゼパム(作用時間)超長期
コレミナール
(一般名)フルタゾラム(作用時間)短期
コンスタン、ソラナックス
(一般名)アルプラゾラム(作用時間)中期
メイラックス
(一般名)ロフラゼプ酸エチル(作用時間)超長期
エリスパン
(一般名)フルジアゼパム(作用時間)長期
メレックス
(一般名)メキサゾラム(作用時間)長期
コントール、バランス
(一般名)クロルジアゼポキシド(作用時間)長期
セルシン、ホリゾン
(一般名)ジアゼパム(作用時間)長期
セディール
(一般名)タンドスピロン(作用時間)短期

作用強度が強い薬

作用強度が強いの抗不安薬

ワイパックス
(一般名)ロラゼパム(作用時間)中期
レキソタン、セラ二ン
(一般名)ブロマゼパム(作用時間)中期
セパゾン、エナデール
(一般名)クロキサゾラム(作用時間)長期
レスタス
(一般名)フルトプラゼパム(作用時間)超長期
デパス
(一般名)工チゾラム(作用時間)短期

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識