自律神経失調症の症状(自覚症状・種類)

自律神経失調症

自律神経失調症の症状について

交感神経と副交感神経との切り替えが狂うと、その影響による自覚症状がからだのあちらこちらにあらわれます。自律神経と自律神経失調症の症状について紹介していきます。

症状にはそれぞれの個人差がある

その人の生活習慣やストレスの程度、体質などの要因によって変わってくる

自律神経失調症の症状自律神経は、からだのすべての器官をコントロールする生命維持のための自動制御装置といえます。ですから、この制御装置の働きの乱れからおこる自律神経失調症の症状は、全身から精神、心臓・血管系、呼吸器、消化器、皮膚、生殖器、手足、関節にいたるまで、からだのあらゆるところにあらわれます。例えば、頭痛、耳鳴り、食欲不振、皮膚炎、生理不順、肩こり、息切れ、全身の倦怠感、イライラ、不安感、集中力の低下など、あげていったら数えきれないほどの種類があります。しかも、症状がどこにどのようにあらわれるかは、人によって千差万別です。定番の症状がなく、その人の生活習慣やストレスの程度、体質などの要因によって異なります。

複数の症状が重なることも

その時々で症状が変化したり、あらわれたり消えたりを繰り返したりすることも

症状のあらわれ方としてもう1つやっかいなのは、これらの症状が単独だけでなく、関連性がないと思われるほかの所に影響を及ぼし、いくつもの症状が重複して起きることも少なくないという点です。多くの場合、症状はその人のからだや心の弱い部分にあらわれますが、そのときどきで症状が変化したり、あらわれたり消えたりを繰り返したりすることも珍しくはありません。それが、診断が難しい理由です。自律神経失調症は、専門医でさえ慎重に診断する病気ですから、「どこも悪くないのに調子が悪いのは自律神経失調症に違いない」と自己診断で決めつけるのは避けなければなりません。ただし、どんな症状が多く見られるのかを知っておくことは、自分のからだを管理するうえでは重要といえます。

自律神経失調症の主な症状

全身症状

倦怠感、疲れやすい、めまいがする、微熱が続く、フラフラする、からだがほてる、食欲がない、眠れない、すぐに目が覚める、起きるのがつらいなど

精神症状

不安になる、恐怖心に襲われる、イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる、集中力がない、やる気が出ない、些細なことが気になる、記憶力や注意力が低下する、すぐに悲しくなるなど

頭痛、頭が重いなど
耳鳴り、耳の閉塞感など
疲れ目、涙目、目の乾き、目が開かないなど
乾き、口の中が痛い、味覚異常など
手・腕
しびれ、痛み、冷え、ほてりなど
皮膚
多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、がゆみなど
泌尿器
頻尿、残尿感、尿が出にくいなど
のど
異物感、圧迫感、イガイガ感、のどがつまるなど
呼吸器
息苦しい、恵がつまる、息ができない、酸欠感、息切れなど
心臓・血管系
動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動など
消化器
食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り、腹鳴、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまるなど
生殖器
男性:インポテンツ、早漏、射精不能など女性:生理不順、外陰部のかゆみなど
しびれ、冷え、ほてり、痛み、ふらつきなど

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識