自律神経失調症の診察・検査(心療内科での診察と治療)

自律神経失調症

自律神経失調症・心療内科での診察と治療について

診察を受けて薬を飲んでいるのに、症状があまり改善されないときは、原因を突き止めて取り除く必要があります。より専門にみてもらえる心療内科へ行きましょう。自律神経失調症・心療内科での診察と治療について紹介していきます。

からだと心を総合的にみる心療内科

医療.gif自律神経症がなかなか改善されないという場合は、心療内科で診察を受けることをおすすめします。心療内科は、病院によっては心身医療科ともいわれ、からだと心を総合的に診察する、心身医学を基礎にしています。身体症状だけでなく精神症状からの診察も行うので対象範囲は広く、心理的および社会的なストレスによっておこるすべての病気に対応しています。精神科や神経科とは異なりますが、うつ病や神経症での身体症状の強い人もよく受診します。心療内科の場合、診察も治療法も内科とは少し異なります。たとえば、ストレス性による胃の不調で受診した場合、まずは胃の状態をしゆよう検査して、炎症や腫瘍、ウイルス感染などの異常がないかを調べます。そして、症状を取り除くための薬が処方されます。これだけでは一般内科と変わりません。心療内科では、内科的治療と同時に、その発症の原因を探り、基本的な心理療法や自律訓練法、生活指導など、心に対する治療も行います。ここが大きな違いであり、特徴です。心身医学は、まさにストレスの多い現代社会と密接に関係する領域といえます。最近は、大きな病院だけでなく個人病院や地域の診療所でも心療内科の看板を見かけるようになり、気軽に受診を受けることが可能です。

精神科、神経科、神経内科の違いについて

精神科や神経科は、おもにうつ病、統合失調症などの精神疾患を専門に扱うところで、精神神経科、神経精神科、メンタルクリニックなどと呼ばれることがあります。一方、神経内科は、脳梗塞などの血管障害や神経障害を専門としているところで、心療内科とはまったく異なる領域です。

心療内科のストレスケアや簡易精神療法

心療内科診察室自律神経失調症の多くは、薬を飲まなくなると症状がぶり返したり、別の症状があらわれたりします。この病気がやっかいなところでこの点で、からだにあらわれている症状を取り除くだけでは何度でも繰り返されます。しかし、完治できない病気ではありません。時間はかかりますが、心の問題も治療することでよくなります。そのためには、初診から症状に対処するだけでなく、ストレスケアや簡易精神療法などの一般心理療法もあわせて行う必要があります。一般内科では、ここまで踏み込んだ治療は行いません。また、心療内科では、比較的長い時間を1人の患者の診察にあてますので、安心して治療を受けることができます。精神面のケアとして、ストレス要因を取り除いたり、社会への適応を促したり、性格を強くしたりするような治療を受けて、心身のバランスを保つように指導していくれます。

心療内科での診察・治療

身体症状からの診察

●どのような症状があらわれているか。
●身体的な異常はないか。
●ほかに病気はないか。
●家族の中に同じような症状を訴える人はいないか。

精神症状からの診察

●症状や原因に対して、どのように認識しているか。
●毎日の生活やライフスタイルにひずみはないか
●仕事や人間関係にトラブルはないか。
●性格や考え方に偏りはないか。
●最近、悩み事はないか。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識