自律神経失調症の治療(睡眠薬の種類・効果)

自律神経失調症

自律神経失調症・睡眠薬について

なかなか眠れない、熟睡できずにすぐに目が覚める、という不眠症の状態はつらいものです。眠れない夜を過ごしているなら、薬の助けを借りるのも一案です。自律神経失調症・睡眠薬について紹介していきます。

不眠の理由と睡眠薬の効果について

睡眠薬の効果睡眠障害は、自律神経失調症の代表的な症状の1つです。寝れない、熟睡できないという日々が続けば、つらいだけではなく、生活のリズムが乱れてしまいます。それがまたストレスとなり、さらに体調不良をひき起こすことになります。眠れないのは、強い不安や緊張などによって中枢神経が興奮を続けているからで、からだは眠る態勢に切り替わっていません。こんな場合は、睡眠薬(催眠鎮静薬)の効果を借りて、健全な睡眠を取り戻しましょう。

睡眠薬と作用時間について

睡眠薬には、目覚めたときにボーッとする、からだがだるい、などのイメージがありますが、すっきりと目覚められるものも少なくありません。その種類は薬の効き方によっていパターンがあり、一般に、作用する時間の長さに応じて、超短期、短期、中期、長期に分けられます。作用時間が短いほど効果は短いものです。医師は、症状のタイプや程度、患者の年齢などに応じて、適切な薬を選びます。症状が軽い、あるいは寝つきが悪いタイプには超短期か短期の薬が、熟睦できない、早くに目覚めるタイプには中期か長期の薬がよく使われます。

睡眠障害のパターン

睡眠障害には、寝つきが悪い「入眠障害」、眠りが浅くて何度も目覚める「熟眠障害」、朝早く目覚めてしまう「早朝覚醒」などがあります。

睡眠薬の注意点について

睡眠薬の注意点医師から睡眠薬を処方されたら、用量を守り、医師の許可が出るまで飲み続けましょう。睡眠薬も、抗不安薬などと同様に習慣性があり、薬に頼りがちになる傾向があります。それを恐れ、勝手に治ったと判断して飲むのをやめたり、量を減らしたりすると、症状がぶり返すことがあります。それだけではなく、症状がさらに悪くなるという、リバウンドをおこしたりするので注意が必要です。また、睡眠薬を服用している間は、アルコールをひかえます。特に、酔っている状態での服用は、呼吸や血圧のトラブルにつながります。薬を飲む場合は、飲酒から2時間以上の時間をあけましょう。

主な睡眠薬の種類

※作用時間(超短期:6時間以内)(短期:12時間以内)(中期:24時間前後)(長期:30時間以上)

作用時間・超短期

作用時間が超短期の睡眠薬

ハルシオン
(一般名)
トリアゾラム
1日の服用量
0.25~0.5mg
アモバン
(一般名)
ゾピクロン
(1日の服用量)
7.5~10mg

作用時間・短期

作用時間が短期の睡眠薬

レンドルミン
(一般名)
プロチゾラム
1日の服用量
0.25mg
リスミー
(一般名)
塩酸リルマザホン
(1日の服用量)
1~2mg
マイスリー
(一般名)
ゾルピデム
(1日の服用量)
5~10mg
ロヒプノール サイレース
(一般名)
フル二トラゼパム
(1日の服用量)
0.5~2mg

作用時間・中期

作用時間が中期の睡眠薬

ネルボン ベンザリン カルスミン
(一般名)
二トラゼパム
1日の服用量
5~10mg
エリミン
(一般名)
二メタゼパム
(1日の服用量)
3~5mg
ユーロジン
(一般名)
エスタゾラム
(1日の服用量)
1~4mg

作用時間・長期

作用時間が長期の睡眠薬

インスミン ダルメート ベノジール
(一般名)
フルラゼパム
1日の服用量
10~30mg
ソメリン
(一般名)
ハロキサゾラム
(1日の服用量)
5~10mg
ドラール
(一般名)
クアゼパム
(1日の服用量)
20~30mg

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識