自律神経失調症の治療(心理療法の種類と効果)

自律神経失調症

自律神経失調症・心理療法の種類と効果について

自律神経失調症は、精神的な要因によってひきおこされていることが少なくありません。その心の問題に目を向けて、ストレスを取り除くのが心理療法です。自律神経失調症・心理療法の種類と効果について紹介していきます。

心理療法について

心理療法自律神経失調症によるさまざまな身体症状に対しては、症状が緩和されるように各種の薬物療法が行われます。しかし、病気の背景にある精神的な問題が隠されている場合、その間題を解決していかなければ、根本的な治療にはなりません。医師との面接を通じて、患者が抱えている不安や緊張を探し出して、医師と患者が協力し合って、その不安や緊張を解消し、心のバランスを取り戻そうする治療法のことを心理療法といいます。

あらゆる面から原因を探り出す

悩み・性格や考え方一番基本的な心理療法は、話し合いの中で行われます。医師は、患者との会話を通して体調を崩したきっかけや、症状を悪化させた原因などをできる限り詳しく知ろうとします。症状のことばかりでなく、職場や家庭での人間関係や悩み、仕事や生活上の問題点、生活習慣について、患者自身の性格や考え方、過去の出来事など、あらゆる面から話を聞いてきます。本人の抱えている問題や原因を知ることは、簡単なことではありません。患者自身も、自分のことについて正確に気づいているとは限らないのがその理由です。しかし、心を開いて話すようになるうちに、その奥に潜む原因が明らかになっていきます。聞かれたこと、感じたことはありのままに話すようにしましょう。時間がかかっても、医師との間に信頼関係を築くことが重要です。

適切な心理療法を選びましょう

心理療法には、会話を通じて不安を取り除く一般心理療法やカウンセリング、人との交流のしかたを分析する交流分析、物事の受け止め方のゆがみを正す認知療法、不安や緊張に慣れる行動療法など、いろいろな種類があります。それぞれの治療法は、アプローチの技法が異なりますが、いずれも自分を知ること、自分の偏った思考や行動を知ることで、ストレスを上手にコントロールしていこうという内容です。どの心理療法を行うかは、その人の症状や性格、考え方、年齢、生活環境などを考慮し、もっとも適切と思われるものを担当医が選びます。どんなに効果的な治療法でも、その人に合ったものでないと効果は期待でません。担当医を信頼して、積極的に治療を進めましょう。

心理療法の主な種類

一般心理療法・カウンセリング

医師が患者と会話をしながら、症状の背後にある精神的問題を探り、不安や緊張の解消を図ります。

認知療法・行動療法

物事の受け止め方を正したり、その人の行動バターンを変えたりして、不安や緊張を緩和します。

交流分析

性格のひずみを知って、人との交流の円滑化を図ります。

自律訓練法・筋弛緩法・バイオフィードバック法・断食法

からだを意識的にコントロールして、心やからだをリラックスさせます。

家族療法

家族関係に問題がある場合、家族との面接などによってそのゆがみを正します。

内観法・森田療法

過去から現在までの自分について考えたり、あるがままの自分を受け入れたりして、自分の存在価値を再認識します。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識