自律神経失調症と心身症(症状)との違い

自律神経失調症

自律神経失調症と心身症との違いについて

自律神経失調症と心身症とは非常によく似ていて、親類同士のような関係です。近い関係のものもあれば、遠いものもあります。自律神経失調症と心身症との違いについて紹介していきます。

心身症について

心の負担が病気

心身症自律神経失調症と同様の症状で、ストレスや心の問題が原因の病気は多くあります。そのため、いくつかの病気は混同されているようで、特に心身症はその代表といえます。心身症を簡単に説明すると、悩み、不安、不快、気がかりなどの精神的ストレスがひきおこす身体的な病気の総称のことをいいます。ただし、厳密にいうと、病名ではなく、あくまで精神的なものが関与している身体疾患の病態名です。心身症の症状は、からだのあらゆるところにあらわれます。その状態によっては、胃潰瘍、気管支ぜんそく、過敏性腸症候群、過呼吸症候群、片頭痛、高血圧などの病名で呼ばれることもあります。自律神経失調症をはじめ、その仲間に属する病気のほとんどが、この心身症といえるでしょう。

心身症の定義

日本心身医学会では、心身症を「身体疾患の中で、その発症や経過に心理・社会的因子が密接に関与し、器賃的ないし機能的障害が認められる病態をいう。ただし、神経症やうつ病など、ほかの精神障害に伴う身体症状は除く」と定義しています。神経症やうつ病を除いているのは、これらが心の病気であり、心身症とは違うからです。また、治療の際にはストレスなどの原因を取り除かないと、一時的に症状がよくなってもまた同じように繰り返すことが多いのが特徴です。

失感情症が強いのが心身症

矢感情症とは、自分の心の中にある感情に気づきにくく、その内的感情を言葉などで上手に表現できないという状態で、心身症にはこの傾向が強いといわれています。そのため、心身症の人は、心の負担となっているストレスを自覚していなくて、からだの異常ばかりを訴えます。また、社会に対する適応は良く、むしろ過剰に適応する傾向が強いともいわれています。

自律神経失調症と心身症の違い

類似点と相違点

心身症には、たとえば胃潰瘍のように、からだの臓器などにはっきりとした異常が見られる器質的障害と、検査をしても各器官に異常が見られない機能的障害の2つの種類があります。一方、自律神経失調症は、検査で異常が見られないこと、原因や症状によっては心身症と酷似すること、さらに、器質性の心身症は仲間であることなどの理由から、ごく一部を除いては、広い意味での心身症といっても良いでしょう。特に、自律神経失調症の種類のうち、心身症型のものは、機能性の心身症の1つにあげられています。これらには若干、症状に違いがあります。心身症は、特定の器官に集中して症状が出ますが、自律神経失調症はからだのあらゆるところに症状が出たり消えたりする特徴があり、この相違点がはっきりしていれば区別されるようです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識