自律神経失調症・各器官の症状の特徴

自律神経失調症

自律神経失調症・各器官の症状の特徴について

自律神経失調症の症状はからだの各器官にあらわれ、人によってさまざまです。単独の場合もあれば、複数の場合もあります。自律神経失調症・各器官の症状の特徴について紹介していきます。

自律神経のアンバランスによる各器官の症状

症状が特定部に集中した時は、別の病名がつく場合も

自律神経はほとんどの臓器や器官につながっていますので、症状はさまざまです。また、症状が特定のところに集中した場合は、別の病名がつくことがあります。次のような症状が慢性化するようなら、注意が必要です。

頭(頭痛、頭が重いなど)

自律神経失調症による頭痛は、締めつけられるような鈍い痛みやズキンズキンとした痛みが多く、首や肩のこりを伴います。交感神経が緊張しすぎて末梢の血管が収縮し、血行不良をおこしているのが原因です。

(目が疲れる、涙が出る、目が開かない、目が乾くなど)

目を酷使したときのような疲れ目や、涙目になります。これは目に血液が十分に送られなかったり、涙腺の働きが低下したりするからで、ひどくなると目が開かなくなったりします。

(耳鳴り、耳の閉塞感など)

耳の中で雑音がしたり、耳の奥に何かがつまっているような気がしたりします。

(口が乾く、味覚異常、口の中が痛いなど)

大勢の前で話すときに口が乾くのは、緊張などの精神的な作用によるものですが、普段でも口がカラカラに乾いたりします。また、疲れると味覚に対して鈍くなったり、強い苦味を感じたりします。さらに、口腔内や舌に異常がないのに口の中が痛くなることもあります。

のど(異物感、イガイガ感、圧迫感、のどがつまるなど)

のどから食道にかけて、異物感や圧迫感があったり、のどの周りがイガイガしたりします。また、何かがつまっているような感じがして、飲み込むときに気になることもあります。これらは、副交感神経の緊張が原因でなります。

心臓(血管系、動悸、息切れ、胸部圧迫、手足の冷えなど)

急にドキドキしたり、少し動いただけで息が切れたり、また、胸が締めつけられたりします。交感神経の緊張により脈拍が速くなり、動悸が起こります。冷えは血管系の代表的な症状です。

呼吸器系(息切れ、酸欠感)

普通に呼吸をしているのに酸欠を起こしているように苦しく感じたり、布団に入って休もうとすると息苦しくなったりします。これは、副交感神経の緊張が高まって強く働くことが理由で起こります。

消化器(吐き気、腹部膨満感、腹鳴、下痢、便秘、ガス、食道の異物感など)

下痢や便秘は多く見られる症状で、これらが交互にあらわれる場合もあります。また、空腹状態ではないのにおなかが鳴ったり、満腹ではないのにおなかが張ったりもします。とくに、胃や腸は精神的な影響をもっとも受けやすい器官といわれています。

泌尿器系(頻尿、残尿感、尿が出にくいなど)

水分を多くとったわけではないのに、トイレが近かったり、排尿しても残っている感じがしたりします。通常でも緊張するとトイレに行きたくなるように、排尿も自律神経と関わりがあります。

生殖器(生理不順、外陰部のかゆみ、インポテンツなどの性機能障害など)

ストレスによる生理不順は、ほとんどの女性が経験するほど多く見られる症状です。男性の場合は、性欲の減退やインポテンツなどがあります。これらは、ホルモン分泌をつかさどる視床下部が自律神経の中枢でもあることから、影響を受けやすくなっています。

手足(しびれなどの知覚異常、冷え、ほてり、ふらつきなど)

手足がしびれたり、鈍い痛みを感じたりします。また、手や足の先が冷えたり、ほてったりすることがあります。

筋肉・関節(こり、張り、関節のだるさ、力が入らないなど)

肩や首のひどいこりや張りもよく見られます。また、ひざなどの関節がだるくなることがあります。これらは、イライラなど精神的な影響による血行不良が原因です。

その他(皮膚や粘膜の乾燥、多汗、脱毛、かゆみなど)

手足などの皮膚が乾燥したり、かゆみを感じたりします。また、髪の毛が抜けたりすることもあります。これらは、緊張などの精神的なものが原因で生じることがあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識