自律神経失調症の治療(薬物療法の効果)

自律神経失調症

自律神経失調症・薬物療法の効果

自律神経失調症で最もつらいのは、めまいや食欲不振など、からだにあらわれるさまざまな症状です。それらを取り除くためには、薬物療法が効果的です。自律神経失調症・薬物療法の効果について紹介していきます。

薬の使用はつらいときには不可欠

薬物療法自律神経失調症の治療として最初に行われるのが、さまざまな症状をやわらげるための薬物療法です。多くの人が、めまいやふらつき、食欲不振、頭痛、動博、不眠、イライラなどを自覚症状として訴えますが、これらの症状を放っておくとさらに悪化するため、改善するための薬が処方されます。薬を飲むことに対して抵抗感のある人は少なくありませんが、我慢を強いるより、薬で症状を媛和するほうが良いでしょう。

医師の指示をしっかり守り正しく飲む

薬物療法は、用量、用法を守ることで、その効果が発揮されます。薬の種類や飲み方を確認したうえで、指示を守って飲みましょう。薬には、即効性のあるものや、徐々に効いてくるものなどがあるので、期待した効果がすぐにあらわれないからと、勝手な判断で飲む量や回数を変えてはいけません。医師は薬を正しく飲んでいると思って経過を観察しているので、誤診を招きかねません。しばらく飲んでみて、何か疑問や心配なことがあれば、直接、医師に相談しましょう。また、症状がよくなったからといって、勝手に服用をやめない様にしましょう。薬によっては、急に飲むのをやめてしまうと副作用が出るものがあります。医師がよいというまで服用を続けることが重要です。

処方薬の特徴を理解

現在は医薬分業が進んでるので、薬剤師から薬の説明を受けることができます。処方薬の名前や効果、注意事項などの説明書きが添付されたら必ず読んで、薬と照らし合わせることを行いましょう。副作用などの疑問点があれば、直接聞いておきましょう。自分が飲む薬に対して、きちんとした知識をもつことが重要になります。

自律神経失調症に用いられる薬

抗不安薬

不安や緊張をやわらげる薬です。リラツクス効果が期待できるが、眠気やふらつきなどの副作用を伴うものも少なくありません。

自律神経調整薬・自律神経末梢作用薬

自律神経の中枢に作用して、交感神経と副交感神経とのバランスを図る薬です。副作用は比較的少ないです。

抗うつ薬

抑うつ気分やイライラ、焦燥感などを改善する薬です。口の乾き、便秘などの副作用があります。

催眠鎮静薬

熟睡できない、寝つきが悪いなどの睡眠障害を改善する薬です。目覚めてからもボーッとすることがあります。

その他

●ビタミン剤…ホルモンのバランスを整える目的のビタミンE剤、疲労を回復させる目的のビタミンB1剤などが使われます。
●ホルモン剤…中年以降、性ホルモンの分泌が低下することでおこる更年期障害などに対して、エストロゲン(女性ホルモン)やテストステロン(男性ホルモン)などを補うために使われます。

薬を服用する際の注意点

医師の指示どおりに正しく飲みます。その上で副作用と思われるものや、その程度などは、医師に相談します。勝手に薬をやめたり、減らしたりしないようにします。

服用が長期間になる場合

薬物療法を長期間続ける場合は、肝機能などに負担がかかることがあります。医師や薬剤師の説明を理解しておくようにしましょう。また、定期的に医師の診察や血液検査を必ず受けるようにして、薬だけを飲み続けるのは避けます。

薬の副作用について

薬の副作用について薬を飲むとボーッとするなど、副作用が気になると、薬の服用に消極的になる人がいます。確かに、どんな薬にも、副作用は大なり小なりありますが、神経質になる必要はありません。副作用を考慮したうえで、医師は症状に最適な薬を組み合わせて処方します。薬を受け取るときに、副作用についての説明を求め、しっかりと理解しておきましょう。ただし、日常生活に支障が出るほどの副作用は我慢することはありません。薬の効き方や副作用の程度には個人差があるので、からだに変化があらわれたら、必ず医師に報告する様にしましょう。薬の種類はいろいろあるので、別の薬に変えてもらうことができます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識