自律神経失調症とうつ病・神経症(症状)との違い

自律神経失調症

自律神経失調症とうつ病・神経症との違いについて

うつ病も神経症も心の病気です。そのため、よく似た自律神経症状があらわれますが、
おもな原因も治療法も異なります。自律神経失調症とうつ病・神経症との違いについて紹介していきます。

精神障害と症状が酷似している

大きな違いは、精神状態が病的なものか、病気かという点

自律神経失調症が、うつ病や神経症とも混同されやすいのは、いずれも、からだの不調だけでなく不安や憂うつ感などの精神的な症状を伴うケースが多いからです。これらの大きな違いは、精神状態が病的なものか、病気かという点です。心の異常は目で見ることができない為、その判断は非常に困難ですが、うつ病や神経症の場合は心の病気、精神障害に属します。ただ、症状は非常にによく似ています。

うつ病について

抑うつ気分が長く続くうつ病

抑うつ気分が続くうつ病うつ病は、抑うつ気分や絶望感、不安、焦りなどで行動や思考が抑制される心の病気のことをいいます。いつまでたっても落ち込んだままで、何事にも無気力・無関心になり、意欲が低下するのが特徴です。また、睡眠障害、疲労感、食欲不振、倦怠感、頭痛などの身体症状を伴います。最悪の場合、マイナス思考に陥り、悲観的になって衝動的に自殺に走ることも大きな特徴です。うつ状態は代表的な自律神経症状の1つなので自律神経失調症と混同しがちですが、心身のエネルギー状態に大きな違いがあります。うつ病の場合は、心身のエネルギー状態が極度に低下します。また、朝方に症状が強くあられ、夕方になると楽になるとにちないいう、日内変動があります。

仮面うつ病

精神症状が主体のうつ病に対し、仮面うつ病は倦怠感や動悸、頭痛などの身体症状が強く前面にあらわれ、精神症状は軽いのが特徴です。つまり、身体症状という仮面をかぶっているうつ病を意味しています。そのため、精神症状を見逃して自律神経失調症と誤診されるケースが見られますが、適切な治療を行わないと、いつまでも回復しないので注意が必要です。

神経症の種類

「パニック障害」「全般性不安障害」「強迫性障害」など

神経症性障害神経症とは、不安や心配などの心理的な原因から心身の不調になる病気で、正式名称は神経症性障害といいます。かつては、神経症=ノイローゼと大きくまとめられていましたが、現在では細かく分類されるようになり、症状別に「パニック障害」「全般性不安障害」「強迫性障害」などと呼ばれています。精神疾患の中では、もっとも多く見られる病気です。どのタイプにも共通して、強い不安や緊張が見られるのが特徴で、動悸、息苦しさ、めまい、発汗、頭痛、震えなどの自律神経症状を伴います。

様々な神経症の種類

恐怖症不安障害

恐怖症不安障害の症状と特徴

危険性のない特定な状況や対象に強い恐怖や不安を感じ、さまざまな症状があらわれる障害のことをいいます。広場や雑踏、乗り物などに恐怖を感じる広場恐怖、集団の中で周園の人から注視、批判されることを恐れる社会恐怖の他、高所や閉所などの恐怖症があります。

パニック障害

パニック障害の症状と特徴

理由もなく突然に激しい不安に襲われ、ひどい動悸や窒息感、めまいなどの発作を起こす障害のことをいいます。発作は満員電車や混雑したところで起きやすく、このまま死ぬのではないかと思うほどの恐怖心にかられます。発作は何度も繰り返され、外出ができずに家に閉じこもるケースが見られます。

全般性不安障害

全般性不安障害の症状と特徴

身近なことに漠然とした不安を抱き、落ち着きのなさ、頭痛、動悸、めまいなどの症状が続く障害のことをいいます。パニック障害のような発作はありませんが、不安の対象は次から次へと変わり、絶えず不安にとりつかれるようになります。

強迫性障害

強迫性障害の症状と特徴

強迫観念、強迫行為を何度も繰り返す障害のことをいいます。例えば、すべてが不潔に感じて触れなくなったり、際限なく手を洗い続けたり、戸締まりやガス栓を何度も確認したりするなど、度を越して繰り返すため、日常生活に支障が出てしまいます。

心気障害

心気障害の症状と特徴

少しでも体調がおかしいと、自分は重い病気だと思い込んでしまう障害のことをいいます。医師の言葉に納得せず、転々と病院を変える人も少なくありません。症状は複数にわたることが多く、1人で苦しむ傾向があります。

その他の障害

適応障害 

生活環境のストレスが重荷になって、不安、焦り、絶望感などが強くあらわれ、ときに攻撃的な言動をとることがあります。

急性ストレス障害

命に関わるような体験をした直後に、一時的に感情のコントロールができなくなり、神経が過敏になる障害のことをいいます。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

苦痛な体験など強いストレスが原因で、数週間~数十年後に症状が出る障害のことをいいます。

迎うつ障害

身近な人の死や事故などが原因でうつ状態に陥る障害のことをいいます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識