自律神経失調症の治療(カウンセリングについて)

自律神経失調症

自律神経失調症・カウンセリングについて

カウンセリングも、対話をとおして原因を解決するもので、一般心理療法と同類です。ただし、担当するのは、おもに臨床心理士や専門のカウンセラーになります。自律神経失調症・カウンセリングについて紹介していきます。

カウンセリングについて

カウンセリングも一般心理療法と同じく、患者との対話を重ねて問題の解消を図ろうとするものです。ただし、カウンセリングは主に、臨床心理士や、専門のカウンセラーによって行われるのが特徴です。カウンセリングは、抑圧されている患者の心を開き、問題点を引き出して解決できるように誘導するのが目的です。ただし、カウンセラーは患者をサポートするだけで、解決するのは患者自身であることをしっかりと認識しましょう。

カウンセリングの注意点

カウンセラー最近は、心のメンテナンスの重要性が注目されるようになりました。悲惨な犯罪や事故に遭った人たちのアフターケアとして、カウンセリングが行われますが、衝撃的な出来事がなくても、毎日の生活で心は傷つきますし、それが原因で体調を崩している人にもカウンセリングは効果的です。ここで注意しなければいけないのは、カウンセリングは、人生相談や悩み相談ではないということです。カウンセラーは患者の味方でも救世主でもなく、患者に何かを指示したり、患者に代わって問題に答えを出したりすることもありません。このことを認識してカウンセリングに臨みましょう。

カウンセラーと医師との違い

カウンセラーとは、いろいろな関係団体が認定するカウンセリング資格を取得した人のことをいいます。また、資格を認定する団体によって、心理カウンセラー、臨床心理士、メンタルケアセラピストなどと呼ばれます。資格を取得するには、心理学や精神医学などの専門知識を習得しなければなりませんが、国家試験を受けて医師免許を取得した医師とは異なり、医療行為はできません。患者さんと対話をしながら、相手の成長に芋を貸すのがカウンセラーの仕事といえます。

カウンセラーとの付き合い方

カウンセリングを始めてしばらくすると、カウンセラーに対して、話は聞いてくれても解決策を教えてくれない、肝心なところに来ると話を別の方向に変えてしまう、などと不満を口にする人がいます。しかし、あくまでも患者自身が問題点に気づかせる手助けするのがカウンセラーの役目です。よりよい手助けを得るためには、カウンセラーを信頼して、定期的に対話を重ねていくことが重要です。初めてのカウンセリングで、すぐに心を開くことは困難でしょうが、何度かカウンセラーと話し合ってみて、信頼関係が築けそうだと思ったら、自分のことを正直に話しましょう。カウンセラーには守秘義務があるので、内容が外部にもれる心配はありません。自分と向かい合うことは勇気がいり、時につらいと感じることがあるでしょうが、病気を治したいと願うなら逃げないでカウンセラーの助けを借りて、じっくりと取り組みましょう。

カウンセリングが受けられる場所

カウンセリングは、主に総合病院や大学病院などの医療施設のほか、カウンセリングだけを行う施設でも受けることが出来ます。医療施設では、医師と連携しながら、専門の臨床心理士やカウンセラーが行います。あくまでも病人への治療の一環として行うものですので、カウンセリング費用は健康保険が適用されます。しかし、専属のカウンセラーがいる病院は少ない現状もあり、実際には、カウンセリング専門の施設を活用している人が多いようです。このようなところは健康保険がきかず、費用が割高になってしまいます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識