自律神経と脳(視床下部・大脳皮質・大脳辺縁系)

自律神経失調症

自律神経をコントロールする脳の構造について

自律神経への直接の指令は、からだの中枢である脳の中の視床下部というところから発せられています。自律神経をコントロールする脳の構造について紹介していきます。

脳と自律神経の密接な関係

脳は情報や指令を自律神経に発している

脳と自律神経自律神経は、意志とは関係なく、からだの内外の環境の変化に応じて各器官に働きかけます。しかし、自律神経が勝手に作用するのではなく、事前に情報や指令を自律神経に発しているのが脳です。つまり、自律神経は脳と密接に関係しているのです。脳は、機能と働きから、大脳皮質、大脳辺縁系、大脳基底核を含む大脳、視床と視床下部がある間脳、小脳、脳幹に分かれます。大脳皮質は人間の高度な精神活動をつかさどる部分で、この部分が考えたり、感動したり、記憶したりします。その内側にある大脳辺縁系は、食欲、性欲、睡眠欲など、動物の本能的な欲求や喜怒哀楽の情動をつかさどる役割があります。そして、自律神経系、ホルモン系、体液調節の中枢となっているのが視床下部で、大脳辺縁系の影響を強く受けています。

視床下部の働き

自律神経への伝わり方

例えば、外部の刺激である情動が生じると、大脳辺縁系は視床下部に情報を流し、この中枢からどちらかの自律神経に指令が発せられて、各器官を適切に反応させるようになっています。具体的に説明すると、階段で危うく足を踏み外しそうになったとします。このとき、大脳辺縁系に生じた「恐怖」という情報が視床下部に伝えられ、それを受けた視床下部は自律神経に指令を出して、交感神経を興奮させます。すると、心臓はドキドキと鼓動を速め、顔が青ざめたりします。街で好きな人とばったり出会ったときの胸の高鳴りもこれと一緒で、視床下部が自律神経に指令を出している為です。このように、視床下部が司令塔の役目を果たして自律神経に働きかけるので、自然に内臓や血管などの器官が動くのです。

理性で感情を抑え込む大脳皮質

我慢も度が過ぎると自律神経のリズムに悪影響を…

視床下部は欲求や感情をつかさどる大脳辺縁系の影響が強いため、その影響は自律神経にもおよぶことになります。また、人間は、いつも本能や感情のままに行動するわけではなく、ときには欲求を抑えて我慢するように感情をコントロールすることがあります。こうした能力はほかの動物にはないもので、人間が考えたり、我慢したりできるのは、大脳皮質の働きによるものです。ダイエットのために食べることを我慢したり、悲しいのに泣きたいのをこらえたりするのは、大脳皮質で生じた理性が働くのが理由です。こういった制御が極端に強くなると、大脳皮質と大脳辺縁系、さらに視床下部との間のコミュニケーションが上手くいかなくなり、最悪、自律神経のリズムまで崩してしまうことになります。つまり、大脳皮質もまた、間接的には自律神経に大きな影響を与えているといえます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識