自律神経失調症の治療(抗うつ薬の種類と特徴)

自律神経失調症

自律神経失調症・抗うつ薬の種類と特徴について

抗うつ薬は憂うつな気分や不安感を解消するための薬で、種類が豊富にあります。効果があらわれるまで時間がかかるものが多いので、飲み続けるようにしましょう。自律神経失調症・抗うつ薬の種類と特徴について紹介していきます。

抗うつ薬について

病的なうつ状態抗うつ薬は、病的なうつ状態を改善するための薬で、本来はうつ病に使用されます。しかし、抑うつ感を訴える自律神経失調症の患者で、抗不安薬を服用しても効果があらわれない人に、この薬が処方されることがあります。抗うつ薬の服用で、憂うつな気分を解消して不安感をやわらげれば、心のゆとりを取り戻して意欲が高めることができます。また、頭痛や手足のしびれ、背中の痛みなどをしずめる効果もあります。

抗うつ薬の種類と特徴

抗うつ薬には、化学構造の違いによりいくつかの種類があり、症状によって使い分けられています。

三環系抗うつ薬

もっともよく使われる薬で、効果が出るまでに通常1~2週間ほどかかるのが特徴です。この薬は副作用が強く、しかも効き目が出る前に副作用があらわれるため、途中で服用をやめようとする人がいますが、飲み続けることが大切です。副作用としては、口が乾いたり、便秘したり、めまいや立ちくらみなどがあります。

四環系抗うつ薬

心身症型自律神経失調症などの軽い抑うつ症状に使用される薬で、少量でも比較的早く効果があらわれます。副作用も少なく、まれに眠気におそわれる程度です。

その他の抗うつ薬

比較的新しい薬として、副作用が少ないところから主流になりつつあるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI (選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)のほか、胃潰瘍などにも使用され、食欲不振に効果があるスルピリドなどがあります。

抗うつ薬の副作用

三環系抗うつ薬

眠気、口の乾き、便秘、めまい、立ちくらみ、かすみ目、手の震え、排尿障害、頻脈など。

四環系抗うつ薬

副作用は比較的少なく、眠気、ふらつき、発疹など。

SSRl

まれに悪心、嘔吐、便秘など。初期の眠気やめまいなどは弱いです。

SNRI

まれに悪心、嘔吐、排尿困難など。初期の眠気などは弱いです。

スルビリド

月経不順、乳汁漏出。

トラゾドン

まれにめまい、立ちくらみ、頭痛など。

主な抗うつ薬

三環系抗うつ薬

三環系抗うつ薬の種類と特徴

トフラニール
(一般名)
イミプラミン
(特 徴)
もっとも古いタイプで、効果があらわれるのが遅く、副作用が強いです。
トリプタノール
(一般名)
アミトリプチリン
(特 徴)
抑うつ効果のほか、催眠鎮静荒栗が強いですが、副作用も強いです。
アナフラニール
(一般名)
クロミプラミン
(特 徴)
作用が強く効果も高いですが、副作用が出やすいです。
アモキサン
(一般名)
アモキサピン
(特 徴)
比較的新しく、以前のものより効き目が速く、副作用が少なくなっています。

四環系抗うつ薬

四環系抗うつ薬の種類と特徴

ルジオミール
(一般名)
マプロチリン
(特 徴)
抑うつ、抗不安、催眠効果があります。副作用は比較的軽いです。
テトラミド
(一般名)
ミアンセリン
(特 徴)
抗うつ、催眠、鎮静効果があり、眠気が強く出ることがあります。
テシプール
(一般名)
セチプチリン
(特 徴)
抗うつ、催眠、鎮静効果があり、眠気が強く出ることがあります。

SSRI

SSRIの種類と特徴

デプロメール ルボックス
(一般名)
フルボキサミン
(特 徴)
環系より効果は弱いが、副作用も少ないです。
パキシル
(一般名)
パロキセチン
(特 徴)
環系より効果は弱いが、副作用も少ないです。

SNRI

SNRIの種類と特徴

トレドミン
(一般名)
ミルナシプラン
(特 徴)
SSRlより効果があり、より速く効きます。副作用は少ないです。

その他

その他の種類と特徴

ドグマチール アピリット
(一般名)
スルピリド
(特 徴)
抗精神病薬に属します。月経異常や乳汁漏出などの副作用があります。
レスリン   デジレル
(一般名)
トラゾドン
(特 徴)
トリアゾロピリジン系。抗不安、鎮静作用もあり、副作用も少ないです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

自律神経失調症の基礎知識